アイコン地域計画策定・指導
ライン
まちづくりの流れは、シンボル的な施設建設や一過性のイベント展開の時代から、地域の総合的な魅力で勝負する時代に変化してきた。その担い手は「人」である。まちづくりへの住民参加の在り方、枠組みをどのようにつくるかが鍵となり、「住民参加の時代」さらに「住民活動展開の時代」へと突入している。まちの将来像を実現するためには、データ解析、ワークショップ、グループインタビュー、ブレーンストーミング、ヒアリング、シナリオライティング、KJ法など様々な手法があり、その市町村に合った展開が望まれる。時分達のまちのあるべき姿を見い出し、それを実現するためにはどのような方向を目指し、どのような方策を積み上げれば良いか、そのためにはどのような運営やオペレーションのシステムを構築し、どのような施設を整備する必要があるのか等の目標をしっかり定めて、先にソフトを立ち上げ、そのソフトに合うハードを建設する。そんな住民からの盛り上げで、住民・民間・行政が対等に協力し合える「元気・活気・ヤル気」のまちづくりの手伝いができたら良いと考えています。
ライン

TOP