提言 会社概要 プロフィール 計画・指導 プロデュース 講演・講師 フォーラム
     
地域活性化への提言・NEWS
            
         
  1. 花と緑のきれいな色や香りを十分楽しめる会場づくりができている
    車椅子利用者や高齢者、幼児も会場で楽しめる雰囲気をだしている
    花や花卉の種類が多い(1100種類、100万株)
    芝生で幼児がでんぐりがえしをして遊んでいる
            
  2. 体験型催事が多く取り入れられ、創作した物を持ち帰れる>
    世界にひとつしかない自分のものが創造できた喜びはかけがえのない思い
    (呈茶を含めると、延べ52,702人が参加体験した)>
    リピート客の拡大の大きな要因となった
    • 夢 花 館・・・・・・カルチャー教室(延べ 3305名参加)
    • 夢 花 館・・・・・・体験コーナー(延べ14440名参加)
    • 花まち1丁目・・・・ハンギングバスケット講座(五番館)
                            (延べ1929名参加)     
    • 木に親しむ体験(平日は紙絵あそび)
                            (延べ 12462名参加)
      
  3. 夢花館が来場する度に変化している驚きが来場促進につながった>
    会場内でよかった庭園・花壇・施設でNo1(55.8%の支持)
    体験コーナー、ギャラリー、花爛漫が時期をずらして入れ替えを行った;
     :    
  4. 休憩できるスペースが多い>
    広い芝生広場(フローランテ側、ステージ側)
    花まち1丁目・・・・弐番館(呈茶) (延べ20566名参加)
    ハーブガーデン・・・ハーブティ
    森の中のベンチ
     
  5. パスポート券が2000円と安価であったため、リピーターが増えた。また、駐車場が無料であることも魅力的であった
      
  6. アスファルトが少なく、歩いても疲れが少ない
       
  7. ボランティア参加(約800名登録)で県民総参加を演出
    花摘みボランティア、会場サービスボランティア(貸し出し業務)
       
  8. 数多いステージイベント
       
  9. 市町村催事と物産展の連携
    ステージイベントだけでなく、ふるさと市場での特産品の販売を同時に行うことにより相乗効果がある;
  10. 英国式庭園を宣伝の目玉とすることにより、必ず訪れたい場所を演出した
      
  11. 運営スタッフのおもてなし教育が徹底され、スタッフも現場で来場者の花の名前の質問などに正確に答えようと努力し成長していった。スタッフ(コンパニオン、アルバイトスタッフ、ボランティア、クリーンスタッフ、警備員)の挨拶を誉める来場者が多かった;
           
  12. 天候に恵まれ、来場者の活動に適していた>
    (会期中雨は14日/65尾、特に土日祝日は4日間だけであった
    :  
  13. 花の管理、運営の指導など運営スタッフが一生懸命働いた
    県職員、市職員が日頃の公務員業務とは違い、来場者優先で何事も考え、来場者に喜ばれる(顧客満足度)努力を惜しまなかった。民間の応援・支援部隊はプロとして徹底的に支援した
       
  14. 事前イベントとして県下くまなく花緑体験催事を実施して、開催に向けて盛り上げていった 




















    
波 及 効 果
           
  1. 宮崎の民間会社のイベント・ノウハウが向上した。サミット(閣僚会議)開催のための運営ノウハウが蓄積された
      
  2. 宮崎の花卉産業が活性化した(会期中は花の市場単価が上がり、業界が益をだした。県民はグリーン博会場で花と緑に親しんだ。そのため、会期後は市場単価が下がり、自宅で楽しむ県民の利益が向上するという構図が出来上がった)
      
  3. 県民の花と緑に関する興味が醸成され、宮崎市が引き続き展開する「フローランテみやざき」での活動が活発化することが予測できるようになった
       
  4. 市内の経済波及効果も大きかった(金額予測 計算中)ホテル宿泊数の増大、レストランの売り上げ増(特に仕出し弁当は特出した) 、飲食街の売り上げ増、交通関係の売り上げ増(バス、タクシー、JR、高速道路)、ガソリンスタンドの売り上げ増 など
      
  5. 国際会議参加国への宮崎県の知名度向上(オランダ、ニュージーランドでは新聞で紹介された)
       
  6. 全国の花緑関係者への宮崎県のイメージ向上
        
  7. 国に対する宮崎県のイメージ向上
       
        
文責:須川一幸(日本イベントプロデュース協会理事、イベント業務管理者)
提言TOPへ
HOMEへ